唯一の直接民主制「国民投票」

2005年2月7日 14時13分 | カテゴリー: トピックス

 今、この国の未来を左右するような憲法改正の動きがあり、世論の高まりもないまますすめられようとしています。憲法改正をするためには、国民の真意を問う「国民投票」の実施が憲法96条の中に定められていますが、日本では戦後一度も「国民投票」は行われたことがなく、「憲法改正国民投票法」もまだありません。
そこで、まず、憲法改正をするためには国民投票のルールを定めた「憲法改正国民投票法」を制定する必要があります。これは国会でつくられます。そして、これに基づいて、私達は投票することになりますが、この法が公平なものではなく、憲法9条の改正も含め国家主義をすすめようとする与党に都合よくつられると、「国民投票」とは名ばかりで、私たち国民の真意をはっきりと示すことができないものとなります。そんな大切な「憲法改正国民投票法」が、今国会で審議され決まってしまうかもしれないのです。

 そこで、今井一さんたちが、“真っ当な国民投票のルールを作る会”を立ち上げ、 護憲・改憲にとらわれず公平な立場で市民案を作りました。これから、この案を入れた“「国会法」および「憲法改正国民投票法」の改正・策定に関する要望書“を衆・参議院の憲法調査会と全国会議員あてに郵送し、その後は各党参加の公開討論会も開き、広く世論に訴える予定だそうです。
また、ホームページ “真っ当な国民投票のルールを作る会”では「私達は要望します」と
名前を載せて賛同する方を募っています。ぜひ、見てください!そして知ってください!

国の主権は私たち国民にあります。これから、私たちは、憲法について学習し、どのような憲法であってほしいか十分に考えていく必要がありますが、まず、その権利が、最大限活かせるような「憲法改正国民投票法」が作られるよう声を上げていきましょう! 西田恭子