駒場のまちの「生ごみ対策」

2004年5月1日 22時04分 | カテゴリー: トピックス

活動の場「駒場野公園」がコミュニティーの場に

 家庭から排出される「生ごみ」は、清掃工場の可燃ごみ焼却場の炉の温度を下げてしまうことが明らかとなっています。資源回収の対象である古紙の回収がすすみ、可燃ごみの半量以上を占めている「生ごみ」をどう減らすかが、ごみ減量全体のキーワードになっています。
 今回は、駒場のまちで市民が取り組んでいる「生ごみを活かす」活動を取材しました。
 この活動は2003年夏より、「こまばリサイクルの会」が、地元企業の協力を得て、「こまば生ゴミリサイクルによる花と緑のまちづくり」プロジェクトとして活動しているものです。

詳細はおひさまレポート4月号にて